仙台不動産のハウスマーケット

HOME > 不動産競売・任意売却とは

不動産競売・任意売却とは

不動産競売とは

リスクが高いとも思われがちな不動産競売をハウスマーケットがしっかりとサポートします!

様々な理由で住宅ローンの返済を長期に渡り滞り、返済のめどが立たなくなった場合、金融機関は裁判所へ債務者の不動産を競売にかけてくれるようにと申し立てます。

不動産競売とは、債務者の意思を無視して、強制的に不動産を売却・換金して債権回収にあてる為の制度です。当然債務者の協力が得られない分、一般にはリスクの高い買い方ですが、その分価格が相場に比べて非常に安く買うことができます。(相場の60-70%の価格)

現在のように景気が低迷している時には、不動産競売は加速度的に増え続けています。

ハイリスクなので一般には買えないと考えがちですが、プロの協力があれば意外とそのリスクは軽減でき、ハイリターンを得られる格好の資産形成のチャンスと成りうるのです。

任意売却とは

売主と購入者の何方にとってもメリットが多くリスクの少ないお取引です

ある人が銀行から2000万円を借りて自宅を購入したとします。

こんな時代だからこそ、やむをえない事情がありローンが払えなくなりました。普通ならば競売になり1400万円程度(相場の60-70%の価格)で売られてしまいます。

競売で売られた場合、債務者は残った多額の負債を返済し続けなければなりません。多くの場合、返済を途中で断念し、自己破産を申請したり、失踪してしまうケースがあります。最悪の場合は自らの命を絶ってしまうことすらあるのです。融資をした銀行もこんな不幸を望んではいません。

このとき相場よりちょっと安い価格(相場の70-80%)で債務者も金融機関も買主も納得の上で売買することを任意売却(任売)と呼びます。

競売よりは高い買い物となりますが、その分リスクのない安全な買い方ができます。

ちなみに任意売却がなぜ安いかというと、競売になる寸前ないしは差押が入った段階の物件なので、広告を出すことも出来ず、あまり時間もかけられないなどの理由があります。任意売却は競売に比べてリスクは少なく、みんながちょっとずつ幸せになれる不動産の有利な買い方なのです。

競売にて弊社提携法人に落札して頂き、魅力ある物件に

ハウスマーケットでは競売不動産のデメリットをメリットに替えて、さらにプラスのメリットを加えてお客様にご提供致します。

メリット・デメリット

Case Study

Case Study

ハウスマーケットは有利に購入が出来る「競売」・「任意売却」をお手伝いします。

業務フロー

  • 不動産競売の業務フロー
  • 任意売却の業務フロー

まずはお気軽にご相談下さい。

menu